【改善対策】いすゞ エルガなど、スロープ板に不具合

エコカー 燃費

いすゞ自動車は7月31日、『エルガ』など低床バス4車種のスロープ板に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。01年1月から07年2月までに生産された1529台が対象。

低床バスで車いす乗降時に用いる手動式スロープ板を使用した際に、スロープ板の中央にある取手が突出する場合がある。そのため、乗客がこれにつまづいて転倒する恐れがある。
《》

編集部おすすめのニュース

特集