ポルシェ、ニュル・北コース存続のため支援

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェAGは、レースやスポーツ走行用のサーキットおよびテストコースとして世界的に有名な「ニュルブルクリンク北コース」を存続させるため、支援すると発表した。

ニュルブルクリンクにてヨーロッパF1グランプリが開催されている中、ポルシェAG研究開発部門担当のヴォルフガング・デュルハイマー副社長は、25万ユーロの小切手を贈呈した。さらにポルシェはヴァイザッハで開発されたレースおよびテストコース用クラッシュバリアシステムをニュルブルクリンクに無償で提供する。

デュルハイマー副社長は具体的な支援策のひとつとして、ニュルブルクリンクに対して、ヴァイザッハ研究開発センター内のポルシェのテストコースで使用されている6フォームコアをもつ、積み重ねられたタイヤからなるクラッシュバリアシステムを提供する。

FIA公認のこのシステムは、ガードレールに比べて大きなエネルギーを吸収できるほか、衝突後に元の形状に復元するため、交換する必要がないという特徴を備えている。

このクラッシュバリアシステムによりサーキットの安全性は大幅に向上し、特に狭いランオフエリアへの設置には、絶大な効果を発揮する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集