フォードモーター、2年ぶりに四半期黒字

自動車 ビジネス 企業動向

フォードモーターが今年の第2四半期の収益を7億5000万ドルと発表し、うち経常利益額が2億5800万ドルと、実に2年ぶりの黒字四半期となったことを明らかにした。ちなみに昨年同期には3億1700万ドルの赤字を計上している。

同時に、フォードモーターは噂や憶測が先行しているジャガー、ランドローバーの売却予定についても公式に認め、「できれば2つのブランドをパッケージとして同時に販売したい」という意向を明らかにした。

インドのタタ、韓国のヒュンダイなどの名前が上がっている買収希望企業については言及しなかったものの、「投資会社への売却は困難」との見解も漏らした。

フォードモーター黒字のニュースはウォールストリートにとっても明るい材料で、フォードモーターの企業格付けが今後上がることも期待されている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集