ホンダ、海外生産のみプラス…6月実績

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは6月度の四輪車 生産・販売・輸出実績を発表した。海外生産が11年連続で過去最高を更新した。

国内生産は11万5109台(95.2%)。国内向けの減少により13か月ぶりに前年同月を下回った。海外生産は22万5291台(109.2%)。北米、欧州、アジアの増加により、2005年8月から23ヶ月連続で前年同月を上回り、6月単月として過去最高を更新した。

世界生産は34万0400台(104.0%)。海外生産の増加により23か月連続で前年同月を上回り、6月単月として過去最高を更新した。地域別では、北米、米国、欧州、アジア、中国が6月単月として過去最高を更新した。

国内販売は5万8558台(87.8%)。6か月連続で前年同月を下回った。主な車種の販売実績は、『フィット』8306台(登録車車名別3位)、『ストリーム』6232台(同6位)、は『ライフ』7799台(軽自動車車名別5位)、『ゼスト』5441台(同7位)となっている。

輸出は5万5207台(97.2%)。主に欧州向けの減少により13か月ぶりに前年同月を下回った。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集