【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
  • 【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
  • 【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
  • 【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
  • 【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
  • 【マツダ デミオ 新型発表】商品コンセプト:現代の価値観
マツダの主力コンパクトカー、新型『デミオ』(7月5日発表)は、きわめてオーソドックスなハッチバックモデルとなった。

デミオは96年デビューの初代、02年デビューの2代目と、2代続けて“ミニワゴン”であることを売りとしてきた。新型の3代目モデルは前2代から大きくコンセプト転換をとげた格好だ。

コンパクトハッチは欧州では昔から乗用車の主流。日本でも小型車志向が強まるなか、このカテゴリーから人気モデルが続出している。その点では新型デミオのコンセプト転換も正鵠を射たものと言えそうだが、マツダが提案したとも言える“ミニワゴン”というコンセプトを捨てることに、社内からは異論はなかったのだろうか。

「もちろん抵抗感を示す声も社内にはありましたが、それでも社内を二分するほどの議論にはなりませんでした」

開発副主査として、ハードウェア開発全般を取り仕切った鍵本浩一氏は、新型デミオのコンセプト策定の経緯について、実情をこう語る。

「初代がデビューしたときは、たしかにミニワゴンというコンセプトが好評を博しました。しかしその後、広い空間を求めるユーザーは、より広い空間を持つ日産『キューブ』といった、よりワゴンライクなクルマへと移行していきました。そのような状況のなか、ミニワゴンのコンセプトを堅持するよりは、軽量・コンパクト化をはかって燃費、環境性能や走りの楽しさを向上させたほうが、現代の価値観に合うと考えて、3代目はコンパクトハッチでいこうということになったんです」

このコンセプト転換、社内では比較的すんなりとコンセンサスを得られたという。洒落たデザインのコンパクトハッチとなったデミオ、ユーザーの評価やいかに!?

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車の見積りのトップページはこちらから。
気になるライバルの見積りも同時にとれます。
●新車見積りトップページのURLをメールで送る。

 今のクルマを新車購入資金に ユーザーアシスタンス
無料愛車査定サービスはこちらから。
●無料愛車査定サービスのURLをメールで送る。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集