ホンダ年央会見 「アキュラより、プライオリティが高いもの」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ年央会見 「アキュラより、プライオリティが高いもの」
  • ホンダ年央会見 「アキュラより、プライオリティが高いもの」
ホンダの福井威夫社長は18日の記者会見で、2008年秋に国内での展開を計画していた同社の高級ブランド「アキュラ」の営業開始を2年程度延期することを明らかにした。

福井社長は、国内市場の低迷などを「総合的に判断した」と説明した。また、国内では「アキュラ展開より、プライオリティが高いものもある」とし、昨年再編した既存の4輪販売網「ホンダカーズ」の体制強化などを挙げた。

また、高水準な販売が続く軽自動車のテコ入れなども必要と判断している。軽を生産している連結子会社、八千代工業の生産効率化策も発表した。

福井社長は、アキュラ販売網の営業開始を延期するものの、国内展開は「必ずやります」と、強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集