日産、キャブスター をメキシコと台湾に投入

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は、小型商用車(LCV)の『キャブスター』(日本名=『アトラス』)をメキシコと台湾市場に投入すると発表した。キャブスターのメキシコ、台湾への投入は、2006年9月の欧州市場への投入、2007年6月の日本市場への投入に続くもの。

メキシコ市場には8月に投入する予定で、日産としてメキシコ市場で小型トラック・セグメントに参入する。販売開始時は、スペインのアヴィラ工場で2200台を限定的に生産・出荷し、2007年12月までに順次、台湾の三義にある裕隆汽車の工場からの供給に切り替える計画だ。

また、台湾でのキャブスターの生産・販売開始は、今年11月の予定だ。

キャブスターは、独自の新型「グローバル・ライト・デューティ・トラック(LDT)用プラットフォーム」を採用した日産の商用モデルの世界戦略車だ。LCV事業担当のアンディ・パーマー執行役員は「キャブスターは、日産のLCV戦略の中核となる要素を体現している。商品開発にあたり、お客さまのニーズを特定することからはじめ、運転者の作業効率をサポートするクラス最高水準の機能性や操作性を実現した。同時に、コスト面においても優位性を保っている」とコメント。

メキシコと台湾へのキャブスターの投入は、2010年までにグローバル市場でLCV事業のリーディング・ポジションを確立するという日産の長期的目標を実現するための取り組みの一環。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集