【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン

自動車 ニューモデル 新型車

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】3種類のパワートレイン
日本に導入される新型メルセデスベンツ『Cクラス』には、1.8リットルスーパーチャージャーと2.5リットルのV6、3リットルのV6という3種類のパワーユニットが用意されている。

そしてトランスミッションは、1.8リットルスーパーチャージャーは5速ATとなるが、V6にはメルセデス自慢の「7Gトロニック」と呼ばれる7速ATが組み合わされている。

いずれのパワートレインも先代から採用されていたものだが、V6に関してはモデル末期の2005年から導入された新しいエンジンだ。

メルセデス・カーグループ商品企画部 鈴木栄作さんは「新型Cクラスのパワートレインは先代でも使用された信頼性の高いユニットを搭載しています。ですが、C200に搭載される1.8リットルのスーパーチャージャーは、先代よりも大幅にスペックを向上していますので、先代よりもパワフルな走りを体感していただけると思います」とコメント。

1.8リットルスーパーチャージャーが搭載された「C200エレガンス」に乗ってみると、確かに先代のC200よりもパワフルだった。先代はこのエンジンの最高出力を変えることで、「C180」、「C200」、「C230」という3種類のモデルを設定していたが、新型のC200は先代の最上級モデルだったC230に匹敵する力強さがある。

さらに先代のときは気になったスーパーチャージャーから発生するノイズもうまく抑えられている。トランスミッションは5速ATだがトルクバンドが広く設定されているので、不足ない走りを披露してくれた。

3リットルのV6は直4のスーパーチャージャーよりも力強さが増すことはもちろん、洗練された回転フィールが魅力。滑らかに吹け上がり、7速ATが上手くパワーバンドを捉えてくれるので心地よい加速を味わわせてくれる。

2.5リットルV6は発売が9月からということで今回取材できなかったが、このエンジンもバランスはよさそうだ。パワートレインは先代から継承されたものだが、そのフィーリングは新型Cクラスに搭載してもじゅうぶんに魅力的なフィーリングを持っている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集