出光、プリカを発行 キャッシュバックサービスなど特典

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、同社が50%を出資する出光クレジットを通じて、今年10月から全国の系列サービスステーションで現金系カード「出光キャッシュプリカ」を発行すると発表した。

出光キャッシュプリカは全国の系列サービスステーションで利用可能で、プリペイドカード(入金単位3000円、5000円、1万円、2万円、2万5000円)として利用が可能だ。

「キャッシュバックサービス」、「燃料油以外の商品購入にお得なプリカクーポンサービス」を系列サービスステーションの全国シーズンキャンペーンとあわせてご提供する。さらに、汎用型電子マネーとして他流通業への提供や相互利用も検討可能な仕組みとなっている。

カードはNTTデータが提供するPastel Portを利用し、セキュリティー対策も施した。 

現在の現金系カード「出光まいどカード」「出光まいど電子プリカ」「出光プリカ」は2008年9月でサービスを終了し、「出光キャッシュプリカ」に統合する。

また、同社ではNTTドコモの協力を得て、携帯電話向けの会員制度「出光モバイル」を2007年10月から展開する。

出光モバイルでは、会員に向けて、系列サービスステーションの全国キャンペーンの情報や地域限定のお得情報を発信するとともに、「携帯電話を活用したCRM」の実現に向け検討するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集