住友ゴム、グループの産業車両用タイヤ事業を再編

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業は、8月1日付けで、ダンロップグッドイヤータイヤの産業車両メーカー向けタイヤ販売事業、および、ダンロップファルケンタイヤの市販市場向け産業車両用タイヤ販売事業を、住友ゴム工業に統合すると発表した。

これに伴ってダンロップファルケンの市販事業を住友ゴム工業に継承する会社分割を行う。

産業車両用タイヤ事業について、ダンロップグッドイヤーの新車事業とダンロップファルケンの市販事業を住友ゴムに統合することで、両事業を統合した開発から販売まで、一貫した事業戦略にもとづいてきめ細かな営業活動を展開するのが目的だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集