アクアラインのETCゲートを突破 20回以上の踏み倒し?

自動車 社会 社会

千葉県警は27日、千葉県木更津市内にある東京湾アクアラインのETCゲートを強引に突破し、通行料金の支払いを免れていたとして、29歳の男を道路整備特別措置法違反容疑で逮捕した。少なくとも20回以上の踏み倒しがあるものとみられている。

千葉県警・高速隊によると、逮捕されたのは木更津市内に在住する29歳の男。この男は2006年9月から2007年3月までの間、木更津市内にある東京湾アクアラインの料金所(ETCゲート)を突破。料金の支払いを免れていたとみられている。その回数は少なくとも20回。被害総額は約6万円に達するとされている。

ETCゲートの強行突破は、前走車との車間を故意に詰めるなどの方法が知られているが、男はゲートに設置された開閉バーを弾き飛ばして進行するなど、かなり悪質なものだった。通過車両のナンバープレートは常時撮影されており、男の車両が突破していたことは早い段階で把握できていたという。

調べに対して男は「通行料金がもったいなかった」と供述。容疑を大筋で認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集