【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力

自動車 ニューモデル 新型車

【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
  • 【プジョー 207CC 発表】上質なインテリアも魅力
プジョー『207CC』のインパネは、オープン時、ダッシュボードのフロントガラスへの映り込みを抑えるために細部の色使いなどが専用になっているが、基本的にはハッチバックと共通だ。207になって大幅に質感が向上したインテリアは、CCにもマッチしたデザインで、高い機能性も備えている。

さらに207CCには『クーペ407』で好評のインテグラルレザーを標準装備する「207CCプレミアム」も設定されている。インテグラルレザーは、シートはもちろんダッシュボードの表面まで本革で覆われており、小型車とは思えぬ上質感のあるインテリアを作り上げている。

プジョージャポン、サービス部品部の鈴木聡さんは「207CCのインテリアは見せることを意識してデザインされています。ファブリック、シンプルレザー、インテグラルレザーと3種類の素材を用意していますが、インテグラルレザーはとくに質感の高さを感じていただけると思います」とコメント。

「インテグラルレザーはボディカラーによって、ブラック、ブラウン、オフホワイト、レッド&ブラックの4色が用意されています」

インテグラルレザーが装備された207CCプレミアムには本革インテリア以外にも、ディレクショナルヘッドランプやシートヒーター、バックソナー、17インチアルミホイールなども標準装備される。価格はベースモデルよりも35万円高い344万円という設定だが、この質感の高いインテリアは非常に魅力的だ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集