ホンダ、オフロード走行専用車 CRFシリーズ のグラフィックデザインを変更

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ、オフロード走行専用車 CRFシリーズ のグラフィックデザインを変更
  • ホンダ、オフロード走行専用車 CRFシリーズ のグラフィックデザインを変更
  • ホンダ、オフロード走行専用車 CRFシリーズ のグラフィックデザインを変更
  • ホンダ、オフロード走行専用車 CRFシリーズ のグラフィックデザインを変更
ホンダは、オフロード走行専用車『CRF50F』『CRF70F』『CRF100F』のグラフィックデザインを変更し、それぞれ27日より発売する。

この「CRFシリーズ」は、コンパクトな車体サイズやクッション性に優れたサスペンションなど、オフロード走行が気軽に楽しめる入門バイクとして好評を得ているモデル。

今回は、グラフィックデザイン変更を行うとともに、これらの機種にタンク表面から燃料の揮発を抑える効果がある「多層ブロー成型式燃料タンク」を採用した。また、外観はタンクシュラウドにシルバーのストライプをあしらうことで、よりシャープなデザインを表現している。

価格はCRF50Fが16万2750円、CRF70Fが17万3250円、CRF100Fが24万9900円。
《》

編集部おすすめのニュース

特集