フォード、スポーツトラックを日本市場に導入

自動車 ニューモデル 新型車

フォード、スポーツトラックを日本市場に導入
  • フォード、スポーツトラックを日本市場に導入
  • フォード、スポーツトラックを日本市場に導入
  • フォード、スポーツトラックを日本市場に導入
フォード・ジャパン・リミテッドは、『エクスプローラー・スポーツトラック』を日本市場に導入、20日から販売開始した。

スポーツトラックは、正統派アメリカンSUVで、エクスプローラーをベースに高い走行性能、快適性、安全性をそのままに、ベッド(荷台)の多用途性、機能性を融合させた全く新しいタイプのSUVだ。

ラインナップは、力強さとスポーティさを兼ね備えた「XLT」グレードを設定し、スポーツトラックのイメージを構築する。カラーラインナップは、標準仕様色としてブラックを設定し、多様なニーズに対応するため、受注生産色として3色の特別仕様色(レッドファイヤーメタリック、シルバーバーチメタリック、プエブロゴールドメタリック)も設定する。

今回導入されるスポーツトラックXLTは「エクスプローラーXLT」と同様の4リットルV6・SOHCエンジンを搭載し、高い走行性能と安全性を持つ。

スポーツトラック最大の特徴は、ベッドを備えたスタイリングで、既存のカテゴリーには属さない強い個性を主張している。3カ所の収納スペースや12V電源ソケット、ロープなどで荷物を固定させるタイダウンフック、取り外し可能な2分割のロック機能付きハードトノカバーを標準装備する。さらに、ベッドだけでなく、ユーザーを考慮した独自の工夫を取り入れている。インテリアの床には、ラバー製素材「Tuflor」を採用し、泥や汚れを簡単に落とすことができ、加えて遮音効果によりロードノイズを低減させることで快適な車内環境を実現している。

シャシーは、ホイールベースを現行エクスプローラーから425mm延長したほか、ドライビングシャフトの2ピース構造化とそれに伴うハンガーの設置、重量配分の変化に合わせてスプリングやスタビライザーを硬めにセッティングするなど、スポーツ・トラック独自のチューニングも施している。

価格は398万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集