デンソー、中国にコモンレールシステムを生産する新会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

デンソーは、6月1日に中国の江蘇省常州市でディーゼルエンジン用のコモンレールシステム(ディーゼル車用燃料噴射装置)を生産する新会社を設立したと発表した。

新会社の社名は、電装(常州)燃油噴射系統有限公司。資本金は2540万米ドル(約28億円)でデンソーが100%出資した。総投資額は約40億円で、工場などの建屋は07年10月に着工、08年8月に完成する予定で、09年7月に生産を開始し、12年度に約180億円の売上を見込んでいる。

中国では、環境保護への関心の高まりを背景に、排出ガス規制が強化される見通し。ディーゼルエンジンはトラックや商用車に搭載されているが、デンソーは規制強化への対応としてコモンレールシステムの需要が高まっていくと見ている。特にニーズの高い大型ディーゼル車向けのコモンレールシステムを現地生産し市場に供給する体制を整える。 

デンソーでは現在、海外ではハンガリー、タイの2拠点でコモンレールシステムを生産しており、新会社は3拠点目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集