【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2

自動車 ニューモデル 新型車

【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】確実なグリップと快適性の高バランス…ミシュラン パイロット・プレセダPP2

ミシュラン『パイロットプレセダPP2』はハンドリング性能では定評がある『レガシィB4』 3.0Rに履かせてチェックした。タイヤサイズは215/45R17 91W XLだ。

水平対向6気筒3リッターエンジンを搭載したレガシィはスムーズかつパワフルに走ることができるが、パイロットプレセダPP2を履くと、レガシィの動きのよさはそのままで、全体にしっかりした感じになった。

ハンドル応答性は遊びなく切れるレガシィらしく、直進から少しハンドルを切るだけでノーズは向きを変えてくれる。かといってシャープ過ぎないところがいい。このあたりのフィーリングを大事にするのがミシュランらしさでもある。スポーティな走りは過激なだけではないということを知っているからだ。

適度なシャープさをもつハンドル応答性だが、切り込んでいったときにはハンドルの動きによく追従する。ハンドル応答性はなかなかサーチュレイトせず(頭打ちにならず)、ちょっと飛ばしたくらいではハンドルを切ったぶんだけ曲がってくれるという印象だ。

オールホイールドライブ(AWD)ということで、コーナー出口でアクセルペダルを踏み込んでいってもタイヤが負けて滑り出す気配もない。これはタイトコーナーでも同様だ。トラクションが4輪に分散されることによる1輪当たりの負担の小ささとパイロットプレセダPP2のグリップの強さが利いているからだろう。

AWDということもあって、リヤタイヤのグリップ限界は高くなっていて、非常に安定している。カーブで無理をした場合でもふらつかず、また高速走行でもしっかりしていて安心だ。AWD車には多く見られる、前輪が逃げていく傾向もないので、高い限界までドライバーの意図どおりに操りやすい。

快適性もじゅうぶん高いレベルにある。パターンノイズはほとんど聞こえないし、粗い路面を走ったときのロードノイズも気にならない。

不整路面や凹凸路などでは当たりの丸さを感じる。ソフトという感じではないが、不快な衝撃や振動は伝えてこない。ダンピングはよく、振動があってもすぐに収まる。ボディがユラユラするような揺れがなくフラット感があるので長距離ドライブでも快適だろう。

パイロットプレセダPP2は、じゅうぶんなグリップ力と快適性も兼ね備えた優等生スポーティラジアルである。

IMPRESSIONPROFILEタイヤ徹底ガイドTOP
試乗MOVIE

《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集