ヤマハ、エントリーモデルのATVを新開発

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ、エントリーモデルのATVを新開発
  • ヤマハ、エントリーモデルのATVを新開発
ヤマハ発動機は、250ccの空冷SOHC単気筒エンジンを軽量コンパクトなボディに搭載したATVスポーツのエントリーモデル『YFM250R』を開発した。車体グラフィックやホイールのカラーリングを変更した『YFZ450』、『YFM350R』、『YFM80R』、『YFM50R』の2008年モデルとともに、7月15日から販売する。 

新開発のYFM250Rは、軽量コンパクトなボディに250ccの4ストローク単気筒エンジンを搭載した。スポーツATVエントリーモデルとして扱いやすいパワーと操縦性を実現しながら、フレームや前後サスペンション、ブレーキなどに本格派スポーツモデルの仕様を織り込み、中・上級者も満足できるハイレベルな走行を実現したとしている。

価格は50万1900円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集