三洋電機トップ人事---井植取締役ら退任、金融機関が幹部を独占

自動車 ビジネス 企業動向
三洋電機は、任期満了による取締役3人が退任するため、佐野精一郎社長執行役員が代表取締役社長兼社長執行役員に就任する人事を内定した。

6月の定時株主総会とその後の取締役会で正式に決定する。

ゴールドマンサックス証券から出向している山岸健太郎経営企画本部副本部長が代表権を持つ取締役副社長兼副社長執行役員に昇格する。

さらに、大和証券SMBCの渡辺秀雄専務が社外取締役に就任するなど、金融機関出身者主導で再建に乗り出す姿が鮮明だ。

このほか、三洋電機サービスの関野弘幹会長が取締役兼専務執行役員に就任する。

一方、創業家の井植敏雅取締役、楢葉徹雄代表取締役副社長、松島俊直社外取締役の3人が退任する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集