日産06年度リサイクル実績…ASR再資源化率73.9%、収支は黒字

エコカー 燃費
日産自動車は、自動車リサイクル法に基づいて2006年度 (2006年4月−07年3月)に実施した ASR(自動車破砕残さ)、エアバッグ類、フロン類の特定3物品の再資源化などの実績を公表した。

2006年度は、ASRが12万8827.9t、63万5440台を引き取り、9万5240.3tの再資源化を実施した。ASR再資源化率は 73.9%となり、2015年度法定基準である70%を9年前倒しで達成した。

この実績は、リサイクル実効率95.2%に相当し、2010年までの中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」の目標を4年前倒して達成した。

エアバッグ類は 43万9526個、22万9049台を引き取り、回収処理または車上作動により再資源化を実施した。エアバッグ類再資源化率は 94.3%で、法定基準85%を上回った。

フロン類は16万200kg、50万7037台から引き取り、適正な処理を行った。

特定3物品の再資源化などに要した費用総額は55億2319万3204円で、リサイクルなどの管理運用を担う資金管理法人から払い渡しを受けた預託金総額は56億4211万3359円となり、全体収支は1億1892万155円のプラスとなった。

2004年度−06年度の累計収支では、5820万6881円のマイナスとなっており、ほぼ当初の予定どおり推移している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集