フィアット 500 新型の先行予約…「500分以下で完売」

フィアット・オートモービルズは5月18日、新型『500』(チンクエチェント)の先行予約分の受付を終了したと発表した。これは同社が5月8日、新型500専用告知サイトで『500×500オンラインブッキング』と題して受付開始したもの。

自動車 ニューモデル 新型車
フィアット 500 新型の先行予約…「500分以下で完売」
  • フィアット 500 新型の先行予約…「500分以下で完売」
  • フィアット 500 新型の先行予約…「500分以下で完売」
  • フィアット 500 新型の先行予約…「500分以下で完売」
伊フィアット・オートモービルズは5月18日、新型『500』(チンクエチェント)の先行予約分の受付を終了したと発表した。

これは同社が5月8日、新型500専用告知サイトで『500×500オンラインブッキング』と題して受付開始したもの。7月4日のトリノでの正式発表に先駆けた形だ。

予約を受け付けたのは特別仕様で、ウェブサイトの名称にちなんだ「500 wants you」エディション。第1段階のウェブ受付は予約のみで契約による拘束はなく、次の段階で購入の意志の有無・装備・引渡し条件などの確認が行なわれる、2ステップ方式がとられた。

サイトよれば、「受付開始から500分もかからずに完売御礼」というジョークで、売り切れが伝えられている。500分以下ということは、8時間以下で締め切ったことになる。

なお4月18日から24日まで開催された『ミラノ・デザインウィーク』の特設会場でも、デザイン家具で有名な『カッペリーニ』とのコラボレーションによる特別仕様も含む、計500台の先行予約が行なわれた。

いずれにせよ、運良く締め切りに間に合った未来のオーナーとしては、できれば夏休み前に手に入れたいところだろう。ただし、一般的に納車期間がかかるイタリアである。今年、海辺の人気者になれるかどうか、やきもきしているに違いない。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集