東名高速『GW夜間半額割引』の結果 速報

自動車 テクノロジー ITS
4月28日−5月6日の9日間に実施した『GW夜間半額割引』(東名高速料金TDM)の結果速報を、NEXCO中日本(中日本高速)が発表した。昨年の同時期と対比したところ、次のような結果が出た。

●日平均交通量は、昨年に比較して1.9%増加。
増加の原因は、天候に恵まれたことをあげている。
●割引対象時間帯の交通量は昨年に比較して、5.7%増加した。
●上り線の大和トンネル付近を先頭とした渋滞の規模は、昨年に比べて13.3%増加。
交通量増加と事故による渋滞(4/29、5/1、2に発生)が原因。
●期間中の日最大渋滞量は22.6%減少。

なお割引対象時間帯のETC利用台数、利用率の増減は発表されていない。

GW夜間半額割引は、19時−24時の時間帯に、東名高速道路の静岡−厚木間のICから高速に乗り、横浜町田IC−東京間のICで降りた場合、通行料金が50%オフとなるサービス。統計の比較期間は、昨年は4月29日−5月7日の9日間。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集