トヨタ、欧州自工会加盟へ…日本メーカー初

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車が日本メーカーとしては初めて欧州自動車工業会(ACEA)に加盟する見通しとなった。ACEAがこのほど、同社の加盟についての理事会勧告を発表した。

ACEAが来月8日に開く年次総会に諮られる。正式承認されれば、2008年1月に加盟する。欧米メーカー以外では初の加盟となる。

発表文の中で、ACEAのセルジオ・マルキオーネ会長(フィアットCEO)は「工業会メンバーは、トヨタがわれわれの活動に価値ある貢献をしてくれると信じている」とコメントした。

加盟はトヨタの現地法人で、渉外活動などを行っているトヨタモーター・ヨーロッパ(ベルギー)となる。

ACEAは欧州メーカーのほか米GM(ゼネラルモーターズ)とフォードの欧州法人が加盟している。トヨタはこれまでもACEAへの加盟手続きを行ってきたが、却下されていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集