新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ

自動車 ニューモデル 新型車

新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ
  • 新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ
  • 新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ
  • 新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ
  • 新車の選び方…プレゼン開始後30秒でボツ
ホンダの新クロスオーバーSUV『クロスロード』(2月22日発表)の開発にあたり、開発チームがとくに強いこだわりを見せたのはデザインだ。

全長4.2m台と、クロスオーバーSUVとしてはかなりコンパクトなボディサイズでありながら、ハマー『H2』などの軍用車両を思わせるような緊張感のあるエクステリアデザインを持つ。そのデザイン決定までには紆余曲折があったという。

クロスロードのホイールベースは2700mmだが、開発当初は基本コンポーネンツを共用する『ストリーム』と同じ、ホイールベース2740mmを前提にデザインがなされた。が、出来上がったデザイン検討用モデルは、何とも間延びしたものであったという。

エクステリアデザインを担当したデザインAスタジオの所洋介研究員は、「最初はミニバンの派生車種を作るという程度の認識でした。しかし、やり始めてみたら、ミニバンをSUV風に仕立てるという感覚では話にならないことがわかってきた」と明かす。

「最初のモデルはいかにも胴長で、検討の場では30秒もしないうちにボツ決定。スタイリッシュなSUVのスタイリングを追求するため、全長とホイールベースを思い切って詰めることにしたんです」と、最終デザイン決定までの経緯を振り返る。

ホンダは、ボディのディメンションの違いがコストに跳ね返りにくい生産システムを構築しているが、それでもホイールベースのバリエーションが増えることはコストアップ要因になる。また、室内寸法も減少し、とくに3列目シートの居住性は最初の案に比べて不利だ。

そうしたネガティブファクターの発生を承知で独自のディメンションを採用した背景には、新しいSUVのバリューの創造をめざすという提案型モデルならではのデザインへのこだわりがあったのだ。



 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車の見積りのトップページはこちらから。
気になるライバルの見積りも同時にとれます。他ブランドの車種もどうぞ。
●新車見積りトップページのURLをメールで送る。

 今のクルマを新車購入資金に ユーザーアシスタンス
無料愛車査定サービスはこちらから。
●無料愛車査定サービスのURLをメールで送る。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集