ヤマハ、スノーモービル08年モデルを発表

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、ヤマハ・スノーモービル2008年モデルを発表した。

水冷4ストローク・DOHC・3気筒エンジンにFI(フューエルインジェクション)を採用し、全面新設計ボディにした『FX Nytro(ナイトロ)R-TX ER』、『FX Nytro M-TX ER』を新たに開発した。

また今年は、ヤマハスノーモビル第1号『SL350』を発表した1968年以来40周年となることから、フラッグシップモデル『RX-1 M-TX SE』に40周年記念カラー&グラフィックを採用したほか、一部既存モデルについてもカラーリング変更を施す。

2008年モデルは全10機種をラインナップし、3月20日から予約受付を開始し、2007年11月1日から発売する。 
 
ニューモデルFX Nytro R-TX ER、FX Nytro M-TX ERは、共通のエンジンを搭載し、それぞれ使用するフィールドの環境や用途に合わせてライディングポジション、スキー、サスペンションなどの仕様の最適化を図った。

FX Nytro R-TX ERは、圧雪されたゲレンデやギャップの多い路面での運動性、俊敏性に優れたラフ&オフトレールモデル。FX Nytro M-TX ERは、山間地や森林周辺などの柔らかな新深雪で高い走破性を発揮するモデルだ。4ストロークを中心としたモデル展開で各カテゴリーのラインナップ拡充をはかり、スノーモビルの魅力を訴求していく。
 
価格はFX Nytro R-TX ERが124万9500円、FX Nytro M-TX ERが135万4500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集