ショーワの社長交代、飯山副社長が社長昇格

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ系の部品メーカーのショーワは、6月に飯山和人副社長が社長に昇格する人事を発表した。松島正秀社長は退任する予定。

今回の社長交代は国内外の生産・開発体制を強化するのが狙いとしている。

新社長に就任する飯山氏は、ホンダに入社してから、米国のホンダマニュファクチャリングオブアラバマLLC副社長やホンダオブザUKマニュファクチャリング・リミテッド副社長などを経て、2004年にホンダの取締役に就任、主に生産を担当して2006年6月にショーワの副社長に就任した。55歳。

また、本田技術研究所の前川泰久常務は今年6月に退任し、ショーワの副社長に就任する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集