ETC車載器の累計生産500万台を達成---パナソニック

自動車 テクノロジー ITS

ETC車載器の累計生産500万台を達成---パナソニック
  • ETC車載器の累計生産500万台を達成---パナソニック
  • ETC車載器の累計生産500万台を達成---パナソニック
松下電器産業のパナソニック・オートモーティブシステムズ社は、2007年2月13日にETC車載器の生産累計500万台を達成したと発表した。さらに2007年3月下旬には販売累計も500万台を6年11カ月で達成する見込み。

同社は、現在市場で主流となっている「アンテナ分離型」を2000年4月のETCモニター制度向け1号機から業界に先駆けて導入し、本格的なサービスが開始した2001年3月には『CY-ET100D』を発売、2002年12月には同社初の「アンテナ一体型」『CY-ET400D』をラインナップに加え、「アンテナ分離型」と「アンテナ一体型」の2ラインナップを開発、生産、販売してきた。

2006年5月から発売した『CY-ET906D』/『CY-ET906KD』は、業界最小をはじめ、業界初のスライド式イジェクトボタンの採用で、ETCカードの誤排出を軽減するなど安全設計を進めてきた。スピーカ内蔵アンテナ(フロントガラス貼付け)は小型化を図りながらスピーカの口径を大きくし、音声専用LSIを採用することで音声案内の高音質化を図った。

現在の市場では約3台に1台が同社製品であるまでに普及している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集