FreescaleのアプリケーションプロセッサがFordのSyncを動かす

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

FreescaleのアプリケーションプロセッサがFordのSyncを動かす
  • FreescaleのアプリケーションプロセッサがFordのSyncを動かす
Freescale Semiconductorが i.MX31 マルチメディアアプリケーションプロセッサがFordの車載用情報通信システムSyncのエンジンとして導入されたことを発表した。 メモリシステムつきi.MX31プロセッサの 400 MHz バージョンはMicrosoftのOSを動作させるための十分な処理電力を提供する用設計されており、ハンズフリーフォンの操作用のオーディオ信号処理を行い、Syncシステムにおける音声認識機能を処理する。さらに、 i.MX31 チップ上のUSB接続により Syncシステムと携帯電話あるいはポータブルメディア端末との間の高速データ転送可能にする。
《TRGニュース》

編集部おすすめのニュース

特集