【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない

自動車 ニューモデル モーターショー

【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
  • 【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
  • 【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
  • 【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
  • 【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
  • 【シカゴモーターショー07】サイオン xD は xA/イスト 後継ではない
シカゴモーターショーで発表されたサイオン第4のモデル『xD』のチーフエンジニア、三浦清克氏は語る。「xDは『xA』とは違うポジションの車です。現時点ではxAがなくなることになりますが、今後必要になれば復活することもあります」。

xDは新型トヨタ『ヤリス』と同じ「Bプラットフォーム」をベースにワイドトレッドの3ナンバーサイズのボディに仕上げられている。xAに比べ、全長で20mm長く、全幅は30mm広い。オーソドックスなハッチバックのヤリスに対し、xDは「アーバン・サブコンパクト」をコンセプトとして、新しいコンパクトカーを提案したモデルだと言うのだ。

「『xB』『tC』が若い男性をターゲットにしているのに対してxDは女性も含む若者をターゲットにしています。ヤリスのプラットフォームを用いていますが、3ナンバーのワイドトレッドでコンパクトながらガッシリしたスタイリング。ユニークでこれまで見慣れたハッチバックとはちょっと違うテイストの車を狙っています」と三浦氏。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集