ヤマハ、VOX XF50 の2007年モデルを発表

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、原付1種スクーター『ヤマハVOX XF50』のカラーリング設定を変更するとともに乗り心地の向上も図って、3月30日から発売すると発表した。

VOX XF50は2006年5月から発売したシンプルでユニークなスタイリング、テニスラケットも収納可能な大容量トランク、ヤマハ50cc初のFI(フューエルインジェクション)エンジンなどが特徴。

2007年モデルでは、フロントフォークにオイルダンパーを採用し優れた乗り心地を実現した。また、カラーリングは人気の「ダルブルーメタリック8」(ブルー)を継続し、「シルバー3」(シルバー)と「ライトレディッシュイエローメタリック2」(イエロー)を新たに設定し3色設定とした。

価格は21万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集