【三菱 デリカD:5 発表】リブボーンフレームを意識した造形

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱 デリカD:5 発表】リブボーンフレームを意識した造形
  • 【三菱 デリカD:5 発表】リブボーンフレームを意識した造形
  • 【三菱 デリカD:5 発表】リブボーンフレームを意識した造形
  • 【三菱 デリカD:5 発表】リブボーンフレームを意識した造形
「『デリカD:5』のインテリアデザインのメインテーマは、『リブボーンフレーム』です」と語るのは三菱自動車デザイン本部デザイン推進部の安井淳司さん。

「各ピラーからルーフビームガーニッシュにつながる造形は、力強い環状骨格構造『リブボーンフレーム』をデザインしています。」

「インテリアデザインでベルトラインより上は、通常あまり意識させないデザインをします。しかしデリカでは、この『リブボーンフレーム』を意識して乗っていただき、安心感や安全性を感じ、くつろいで乗っていただけるようにデザインをしています」。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集