ヤマハ発動機の梶川社長、これからフィリピン、パキスタンで攻勢を

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハ発動機の梶川社長、これからフィリピン、パキスタンで攻勢を
  • ヤマハ発動機の梶川社長、これからフィリピン、パキスタンで攻勢を
ヤマハ発動機は6日、2006年12月期の連結決算会見を行い、その席上、梶川隆社長はフィリピンやパキスタンの二輪車市場に自ら直接介入し、積極的に市場を開拓していく考えを示した。

ヤマハ発動機は現在、フィリピンについては100%インデペンデントの地元代理店に二輪車の販売を任せ、またパキスタンについてはマイノリティ出資で二輪車の販売を行っている。

しかし、両市場とも総需要が伸びているのに、ヤマハ製の二輪車は低迷が続き、シェアも落としている。インドネシア、タイ、ベトナムとは好対照の状況になっている。

そのため、フィリピン、パキスタンについては「これから再構築して、シェアアップに向けエネルギーを注入していく」と梶川社長は強調した。

また、アフリカ市場については、中国製のコピー二輪車が入って需要は伸びているが、ヤマハ発動機のものに比べて、半値、3分の1の価格で売られているので、今のところ参入する予定はないそうだ。「もう少し市場が落ち着くまで様子を見る」(梶川社長)という。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集