パナソニック、世界初のアンテナ技術…車載用デジタルチューナーを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

松下電器産業は、世界初の「4チューナー×4アンテナ技術」を搭載した車載用地上デジタルチューナー『TU-DTX300』を2月23日から発売すると発表した。

新製品は、世界初となる4チューナー×4アンテナ技術を搭載したことで、地上デジタル放送(12セグ)の受信可能距離が現行品との比較で約1.8倍に広がり、さらには高速移動による受信性能も約2倍に向上、地上デジタル放送(12セグ)をより広範囲で楽しめる。

また、4つのチューナーを搭載しながらも業界最小で、同社現行品と比べて容積を38%に縮小、業界最薄の27mmを実現、重量も業界最軽量の690gを実現し、設置性の向上にも配慮した。

機能面では、視聴している放送局(番組)をもっとも良好に受信できる中継局を簡単に探し出す「中継局 切換/サーチ」機能を新たに追加した。同社現行品で好評な受信レベルの変化に合わせて地上デジタル放送(12セグ)と携帯端末向け簡易動画サービス「ワンセグ」を自動で切り換える機能「おまかせ受信モード」や緊急警報放送(EWS)など便利で安心な機能を装備した。

受信性能を大幅に向上させたこの新商品を車載用地上デジタルチューナーの最上位モデル『Fクラス』と位置づけて市場導入し市場の活性化と拡大を図る。

価格は9万4290円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集