【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
  • 【トヨタ ブレイド 発表】前衛的なインテリアの作りこみ
トヨタの新型ハッチバック『ブレイド』のインテリアは、今までの国産車にはなかったデザインに仕上げられている。インパネ自体はベースとなる『オーリス』と共通だが、アッパーグローブボックスのふたやメーターフード、ドアトリムにはスエード調表皮が巻かれており、独特の見た目と、上質な肌触りを与えてくれている。

ブレイドのチーフエンジニアを務めた商品企画本部金森善彦さんは「ブレイドのインテリアは、今までにない手法で上質感を表現したいと思い、スエード調表皮を数多く採用しました。スエード調表皮をダッシュボード全面に巻くというプランもあったのですが、全面に巻いてしまうと少し嫌味な雰囲気が出てしまうので、一部分としました」

「ほかにもセンタクラスターはチタン調とブラックメタル塗装を組み合わせ、上質な運転空間を演出しています。シートもサイドサポートをオーリスよりも硬めに設定して、サポート力を高めています。また、上級の『Gグレード』は、本革&スエード調表皮のコンビシートや運転席パワーシート、天井照明なども装備し一段と高級感を高めています」という。

確かにこのようにスエード調表皮をふんだんに採用したクルマは、欧州の高級セダンやプレミアムコンパクトカーで見たことはあるが、国産コンパクトカーに採用されているのは初めてだろう。

ベースのオーリスのインテリアも、奇抜さでは定評があったが、ブレイドはさらにスエード調表皮が採用され、よりアバンギャルドな雰囲気が高まっている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集