【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
  • 【トヨタ ブレイド 発表】日本の高級車を感じるエクステリア
トヨタの新型ハッチバック『ブレイド』は、ボディの骨格などは『オーリス』と共用しているが、フロントまわりのパネル類やヘッドライト、リヤゲートなどは専用デザインを採用し、大きく差別化を図っている。

ブレイドのチーフエンジニアを務めた商品企画本部 金森善彦さんは「ブレイドはオーリスよりも上級車種の位置付けで、なおかつ国内専用車ということもあり、日本人好みに大幅にデザインを変えています」

「フロントマスクはスモークメッキのグリルやL字型輪郭のヘッドライトを使用し、格の高ささを感じるデザインに仕上げました。また、リヤは専用デザインのテールゲートを採用し、先進的なクリアレンズを組み合わせることで、躍動感を表現しています」とコメント。

ブレイドのデザインは、欧州でも販売されるオーリスと比べると華やかさがあり、日本人好みのメッキパーツや立体的なデザインのヘッドライトが目を引く。フロントマスクのテイストは、どことなく『マークX』や『クラウン』にも似ている。

やはり国産の高級セダンを経験した人をターゲットにした場合は、これぐらい派手なフロントマスクのほうがいいのかもしれない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集