ポルシェ、新しい博物館の建設順調

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツのポルシェAGは、シュトゥットガルトのポルシェプラッツで、新しい博物館を建設中だ。

オーストリアのデルガン・メイスル(Delugan Meissl)というデザイン事務所の設計で、総床面積は2万4000平方メートル、展示スペースは5600平方メートルにのぼる。

2006年末までに、2万1000立方メートルのコンクリートを費やして、博物館の骨格が完成。現在は、鉄のワイヤーを使用して、展示スペース部分の設置が行われている。新しい博物館のオープンは2008年後半を予定している。

従来のポルシェ博物館は、ポルシェAGの本社内の一室に設けられた、こじんまりとしたものだ。それでも年間8万人にもの来場者がいるといぅ。そして、新しい博物館では、年間20万人を超えるもとの期待されている。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集