ユニバンス、自己株式の一部を大同特殊鋼へ売却

自動車 ビジネス 企業動向
ユニバンスは、取締役会で、取得した自己株式のうち、30万株を大同特殊鋼に売却することを決議したと発表した。

ユニバンスは大同特殊鋼との取引拡大、関係強化を図るため、自己株式を売却する。売却する自己株式は30万株で、1株につき648円で、総額1億9440万円。ユニバンスは、売却に伴う収入は、運転資金に充当する。

大同特殊鋼への売却後のユニバンスの自己株式保有状況は、291万7477株。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ユニバンス、トランスファーユニット生産累計600万台を達成 画像 ユニバンス、トランスファーユニット生産累計600万台を達成
  • 大同特殊鋼、日系自動車メーカー向けに米ティムケン社と業務提携 画像 大同特殊鋼、日系自動車メーカー向けに米ティムケン社と業務提携
  • 07年の世界鉄鋼需給、中国を牽引役に拡大が続く 画像 07年の世界鉄鋼需給、中国を牽引役に拡大が続く

特集