ポルシェ、アメリカン・ルマンシリーズ向けの RSスパイダー を供給開始

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェAGは、カスタマー向けに製作された最初の『RSスパイダー』を2007年シーズンにALMSのLMP2クラスへ参戦するダイソン・レーシングチームにデリバリーしたと発表した。

アメリカを本拠地とするダイソン・レーシングチームは、ポルシェのサポートを得てヴァイザッハ生まれのハイテク・スポーツ・プロトタイプ、RSスパイダー2台で2007年アメリカン・ル・マンシリーズに参戦する。

RSスパイダーは、2007年シーズンに向けてル・カステレおよびセブリングでの冬季テストを重ね、その最大出力は500PSに達している。同時に、ポルシェはヴァイザッハに新設されたポルシェ・モータースポーツ・センターでダイソン・レーシング用の1台目のRSスパイダーを完成し、ダイソンに供給した。2台目のRSスパイダーは、ニューヨーク州にあるチームの本拠地に2月上旬に運び込まれる予定。

年間12戦が予定されている2007年のアメリカン・ル・マンシリーズは、3月17日に開催されるセブリング12時間レースが開幕戦となる。昨シーズンRSスパイダーで圧倒的な強さでLMP2クラスのシリーズチャンピオンに輝いたペンスキー・モータースポーツチームは、再び2台のRSスパイダーを駆って参戦する。

シリーズに先立って1月22−24日にセブリングで行われた最後の冬季テストでは、ペンスキー・モータースポーツチームに加えて、ダイソン・レーシングも新しいRSスパイダーで参加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集