日産、タイで新型ピックアップトラックを発売

自動車 ニューモデル 新型車

日産、タイで新型ピックアップトラックを発売
  • 日産、タイで新型ピックアップトラックを発売
日産自動車は、タイ現地子会社であるサイアム日産オートモービルが、同社で生産する新型ピックアップ『フロンティア・ナバラ』の販売を26日より開始すると発表した。

今回フルモデルチェンジされたフロンティア・ナバラの最大の特長は、高い動力性能、耐久性と、快適な乗り心地を実現したこと。同車に搭載する2.5リットルの「YD25DDTiコモンレールディーゼルエンジン」は、クラス最高の性能で、タイのピックアップ市場で初めて、6速マニュアルトランスミッションを採用した。車体フレームは米国で販売しているフルサイズトラック『タイタン』とコンセプトは同じで、耐久性を高めた。

また、LSD付4WDシステムは走行中も2WDと4WDのシフトが可能。キングキャブモデルには観音開き式ドアを採用し、開放性・操作性を向上させた。同車は全11のモデルを設定し、顧客のニーズに合わせ、ボディサイズ(ダブルキャブ・キングキャブ)、トランスミッション(6MT・5AT)、駆動方式(4WD・2WD)が選択できる。

日産は中期経営計画「日産バリューアップ」におけるブレークスルーの1つとして「競争力のある国々からの部品調達」を掲げており、同モデルは、日産のグローバル品質標準をクリアしたサプライヤーより部品を現地調達し、構成部品の約85%をタイで国産化する。

フロンティア ナバラはタイ・バンコクの東20kmに位置するサイアム日産オートモービルのバングナ・トラッド工場で生産され、26日からタイ国内の日産ディーラー網で一斉に販売開始する。

価格は57万タイバーツ(約190万円)−85万タイバーツ(約290万円)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集