アルパイン、マルチビューカメラを発売 1つのカメラで様々な角度を映し出す

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

アルパインは、大型ミニバンの運転時にドライバー視点から死角となるフロントやリアサイドの安全確認を、業界初の1ユニットによるマルチアングル撮影が可能な「トップビューフロントカメラ」「トップビューリアカメラ」2モデルを2月から発売すると発表した。

新しい車載用カメラは、近年人気の高まりと市場拡大しているミニバン、ワゴンなどにおける、ドライバーの死角を低減して、安全運転をサポートするカメラのニーズに対応した。「マルチビュー・セーフティ」をコンセプトに開発した。

業界で初めて1つのカメラで「正面視界、下方視界、左右両サイド視界」というマルチアングルをディスプレイに表示可能で、従来のカメラではサポートできなかった車両周辺死角の安全確認ができる。

カメラ本体は、フロント、リアともに「水平185度・垂直144度」の映像を映し出す「広角CMOSイメージセンサーカメラ」を採用した。さらに、ワンタッチ操作で映像パターンが切り替わるボタンを付属している。

次世代カーナビ『モービル・メディア・ステーションX07』とのシステムアップにより、「ドライブインフォメーション機能」がさらに進化、最先進の安全ドライブが実現できるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集