フェラーリ、新型車 F2007 発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スクデリア・フェラーリが14日、2007年マシン「F2007」を発表。マラネロで行われた発表会はドライバーや主要メンバーがずらりと顔を揃えて華やかに開催される例年と違い、写真の公開だけという情報の限られたものとなった。

フェラーリのCEO、ジャン・トッドはニューシーズンに向けて次のように語った。「来るチャンピオンシップは難しい戦いになるだろう。われわれが相手にするのは力強く、野心的な競争相手ばかりだから」

「とは言えわれわれも負けてはいない。準備は整った。天候が許せば明日からマッサがテスト任務に当たることになる。2007年という年は多くの意味に置いてこれまでとは全く違うシーズンになる。例年であれば最初の挨拶はマドンナ・ディ・カンピリオでのイベントだったが、今年は先週から会社内の作業に追われている。それがフェラーリのニューサイクルを象徴している」

「先日はミハエル(シューマッハ)とミラノでショッピングをしながら、色んなことを話し合った。今も彼はガレージでニューマシンを見ているよ。でももうドライバーではない。キミ・ライコネンが赤いユニフォームを着ているのを見るのはなんだか変な感じだ。でも、これまでは彼と話すときは人目に付かないよう気をつけていたが、これからは堂々と話すことができる」とコメントしたトッド。

ニューマシンF2007は安全面を一新。新フロントサスペンションは革新的で、エアロダイナミクスも大きく見直されている。ホイールベースは長く、リヤ部分はナローに仕上げられているという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集