スズキ、スカイウェイブ650 シリーズを改良 環境性能を向上

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、大型スクーターの『スカイウェイブ650』シリーズを一部改良して20日から発売すると発表した。

マフラー内のキャタライザーを大型化するとともに、O2センサーも採用することで、運転状況に応じた最適な燃焼の実現や、排ガス中に含まれるNOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)などの有害物質を低減するなど、環境性能にも配慮した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集