デプロの排出浄化装置、3機種が八都県市の指定を取得

自動車 ビジネス 企業動向

デプロは、排出ガス浄化装置の『DEPROECS』の3機種が八都県市条例のディーゼル粒子状物質減少装置として指定を受けて販売を開始したと発表した。

新たに指定を受けたのは、日野『レンジャー』JO8C型式エンジンといすゞ『フォワード』6HH1型式エンジン用が、『DEPROECS JO-1』、三菱ふそう『キャンター』4D35型式エンジン用が『DEPROECS 4H-1』。

今回の3機種の認定でDEPROECS対応車は小型が9車種、中型が9車種となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集