サーブのアルコキーがスウェーデン自動車協会から受賞

エコカー 燃費

サーブ・オートモービルABは、同社の開発する『アルコキー』が飲酒運転防止に大きく貢献したとしてスウェーデン自動車協会から「Arets Hjulklapp賞(ベストクリスマス・プレゼント賞)」を受賞したと発表した。

今年で7年目になる同賞は、交通安全、自動車安全および環境保護の分野で、革新的なソリューションを提供し、顕著な功績があった個人や団体を表彰するために創設されたもの。

スウェーデンは、欧州の中でも最も交通安全対策が進んでいる国のひとつだが、飲酒運転は依然として同国の深刻な問題となっている。2005年も国内で発生した交通死亡事故の約35%が飲酒によるものだった。

サーブが開発したアルコキーは操作が容易であることから、日常的に使用できる商品として同種類のシステムとしては初の大量生産が期待されている。

アルコキーは、携帯電話よりも小さくスリムな形状をしている。本体にはマウスピースの付いた、跳ね上げ式カバーがついており、エンジン始動前にドライバーが息を吹き込むことで呼気中のアルコール濃度を測定し、無線で車載電子制御ユニットに信号が送られる。

アルコール濃度が法定許容範囲内であればエンジンが始動し、許容範囲を超えている場合は始動しないという仕組みだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集