お正月限定早朝割引の結果---東名高速

自動車 テクノロジー ITS

中日本高速道路が1月2日−4日の3日間、東名高速道路上り線で実施した「お正月限定早朝割引」の結果速報が発表された。割引は、お正月の帰省からのUターンなどによる東名高速道路の交通混雑緩和(平準化)を目的としたもの。

割引対象時間帯の交通量は、2日の前年同月同日比21.1%増をはじめ、3日間で増加傾向にあった。事故の影響で2日と4日では渋滞量が増加している。中日本高速道路では今後詳細に分析し、割引の効果を検証する。

この割引は、(1)ETC搭載車を対象に、(2)静岡−厚木のいずれかのICで高速に乗り、横浜町田−東京のいずれかのICで下り、(3)対象ICのどちらか、または両方を6:00−9:00の間に利用した場合に、料金の50%割引が受けられる。

割引結果は次の通り。
●2日:割引対象時間帯の交通量は21.1%増加
日交通量が6.8%増加。事故の影響と合わせ、終日の渋滞量は18.5%増加。
●3日:割引対象時間帯の交通量は10.2%増加
日交通量が1.9%増加したが、終日の渋滞量は34.2%減少
●4日:割引対象時間帯の交通量は7.6%増加
日交通量は0.1%増加。事故の影響と合わせ、終日の渋滞量は0.9%増加。
※交通量は横浜町田−厚木間の上り線断面交通量(車両検知器データ)
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集