【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6

自動車 ニューモデル 新型車
【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
  • 【D視点】シトロエンワールドは時代の先端…C6
1
 シトロエンの確信犯登場

2005年ジュネーブモーターショーで世界初公開され、フランス本国では昨年より発売されているシトロエン『C6』が、日本でも10月25日に発売された。シトロエンからのエグゼクティブ・サルーンは十数年ぶりの復活となる。

前輪駆動らしい長大なフロントオーバーハングとロングホイールのクーペスタイルは、シトロエンのエグゼクティブサルーン共通のテーマ。全長4910mm×全幅1860mm×全高1465mmと先代にあたる『XM』より一回り大きくなり、その前のエグゼクティブモデル『SM』に近い。3.0リットルV6エンジンは、この市場クラスにしては小ぶりなのもシトロエンの伝統である。

フロントビューは新生シトロエンのブランドマーク「ダブルシェブロン」を象ったクロームプレートのフロントグリルと、『DS21』を想わせるシンプルなヘッドランプ。リアビューはバックライトのインバースデザインがSMを思い起こさせるが、小ぶりな個性の強いテールランプがC6であることを主張している。

また、シンプルで歯切れのよいランプ等の部品類をアクセントとした、イルカにも似た空気抵抗の低そうなエクステリアデザインは、メーカーの狙いである「エレガンスな存在感」を余すところなく表している。

新世代シトロエンがチャレンジした数々のアイデアを、シトロエンが最も得意とするエグゼクティブ・サルーンで具現化したことは、まさに“確信犯”といえる。

近年、ドイツ車を起点としたパワー競争に伴って、アグレッシブなデザインが主流となるなか、C6のデザインは一服の清涼剤となっている。欧州で発売以来大好評なのも、多くの人がこの清々しさに共感した証であろう。
《松井孝晏》

編集部おすすめのニュース

  • 【D視点】フランスデザイン vs ドイツデザイン 画像 【D視点】フランスデザイン vs ドイツデザイン
  • 【COTY】繊細な造形と先端技術を融合させたことが受賞理由 画像 【COTY】繊細な造形と先端技術を融合させたことが受賞理由
  • 【東京モーターショー05】写真蔵---シトロエン C6 画像 【東京モーターショー05】写真蔵---シトロエン C6
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース