【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
  • 【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
  • 【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
  • 【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
  • 【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
  • 【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった
12月12日、東京恵比寿にあるEBIS303ホールにて、STI(スバルテクニカインターナショナル)とSWRT(スバルワールドラリーチーム)による記者発会見が開催された。不振だった2006年の総括と2007年の新たな活動へ向けての意気込みを、それぞれの代表者や設計部門の責任者が語った。

まず、冒頭にSTI社長の桂田勝氏により「今年の不振の原因はフロントのパッケージングとシャシーダイナミクスの開発に失敗があった。組織的な面とあわせて今年後半からは2007年に向けての改善を行っている」との発言があった。

フロントパッケージについては、当初冷却効果と空力特性を考えた上での設計だが、実際のラリーでは猛烈な砂埃、泥に雪、河渡りの水など想定以上の環境への対応が要求された。2006年当初のチーフデザイナーはF1経験の豊富なエンジニアで空力が専門だった。当然得意分野から設計に入ったのだが、結果としてはこれが失敗だったといえるだろう。

次に、シャシーダイナミクスについては、2005年にFIAの規定で車幅の上限が1800mmに拡大されたことを受けた仕様変更、それと、2006年から禁止されたフロントとリアデフのアクティブ制御の影響、さらにサスペンションのフリクション問題が重なり、結果としてトラクションがかからないなどの悪影響がでてしまったことを挙げた。

これらは、サスペンションジオメトリ、バランス、シャシー、ボディ剛性など複雑にからみあう問題のため、対応や対策発見が遅れてしまったとのことだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集