自動車鋳物、通期業績見通しを上方修正 国内のトラック特需で

自動車 ビジネス 企業動向

自動車鋳物は、2007年3月期連結決算業績見通しを上方修正した。

トラック需要は、ディーゼル車の新長期排出ガス規制の施行に伴う買い替え特需で、国内の売上げが増加した。海外需要は東南アジア向けが増加したほか、建設機械業界も国内、海外ともに高水準を見込んでいることから、売上高、利益ともに修正した。

売上高は454億円を見込んでいたが、502億円に上方修正した。経常利益は24億円から26億円に上方修正した。最終利益は11億円と前回発表を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集