アウディがカンパニーオブザイヤー…英誌表彰

自動車 社会 社会

16日、イギリスの有力自動車雑誌『Autocar』(オートカー)誌は「オートカー・アウォード」発表、ドイツのアウディ社を「カー・カンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選定した。

選考委員は、近年アウディがリリースした製品群を評価した。BMWやメルセデスベンツなどの競合高級車と比べ「同程度の価格で、製造品質がよく、しばしば技術的に興味深い提案が見られる」としている。『Autocar』誌の試乗記担当者もアウディ車を“ベスト”と評価する。

ブルックランズのメルセデスベンツ・ワールドで開催された授賞式で、アウディ会長のマルティン・ビンターコルンは「この賞はすべてのアウディ従業員に対して与えられた」とスピーチした。

イギリスはヨーロッパにおけるアウディの最大輸出市場で、世界でも本国ドイツ、アメリカに次ぐ第3位となっている。2005年、イギリスでのアウディ販売台数は8万1374台。過去6年間で2倍に増えており、06年の販売台数も前年を上回る見込みだ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集