【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ストリーム』 コンビニ文化

試乗記 国産車

【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ストリーム』 コンビニ文化
  • 【インプレ'06】MJブロンディ ホンダ『ストリーム』 コンビニ文化
ワタクシは最近しみじみ思うのですが、いかに自動車というモノが多くのエンジニアたちの総合力を必要とする商品であっても、デザインに関してはひとりの天才が必要なのではないでしょうか。

そしてホンダには、そういう天才がきわめて少ないらしく、まったく手が回っていない。この『ストリーム』も、走りはミニバンとしては驚異的によく、ぜんぜんまったく文句を付ける気になんかなりゃしないんだけど、あまりにもエクステリアデザインのセンスがない。

どうしてこんなにセンスがないんだろう。デザイナーはいったいどんな生活してんのか。毎日自宅と研究所の往復だけなのか。毎日コンビニ弁当食ってんのか。このクルマのフォルムから感じられるのは、「コンビニで醸成されたカッコよさの概念」とでもいうべき、悲しいほど薄っぺらなものです。見るだにイヤになります。

才能がないなら、カッコをつけようなどと考えず、ただのハコにすべきでしょう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★☆☆☆☆


MJブロンディ|大乗フェラーリ教祖
1962年東京生まれ。慶大卒。編集者を経てフリーライター。愛と幻想と市場経済を核とした自動車読み物のほか、高速道路問題に超絶真摯に取り組む。『聖典版 そのフェラーリください!』等著書多数。
《清水草一》

編集部おすすめのニュース

特集