【インプレ'06】日下部保雄 日産『ブルーバードシルフィ』 軽快さが売りなるも…

試乗記 国産車

【インプレ'06】日下部保雄 日産『ブルーバードシルフィ』 軽快さが売りなるも…
  • 【インプレ'06】日下部保雄 日産『ブルーバードシルフィ』 軽快さが売りなるも…
オーソドックスな3ボックスセダンで、トヨタ『ベルタ』とコンセプトは共通だ。ただベルタは『ヴィッツ』ベースなのに対して、『ブルーバードシルフィ』はもうひと回り車体の大きな『ラフェスタ』をベースとしている。

シルフィはそつなくまとまっており、過不足ない動力性能、広いキャビン、女性を意識したデザインや小物置き場、カラーリングなど、男性から女性まで、性別を問わないクルマ作りに重きを置いている。

操作系は軽いタッチでまとめられており、運転しやすく、移動の手段としては誰にでも満足してもらえるだろう。

ただもう少しハンドルに伝わる接地感が欲しい。それはとりもなおさずこのクルマに、クルマとしての走りの個性を求めることになるので、このクルマのコンセプトにはそぐわないかもしれない。

動力性能はけっこう元気よく、トルクもあるので、粘り強い走りが可能で坂道の多い街なかでもよきパートナーとなってくれるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

編集部おすすめのニュース

特集